もりもり

『もりもり』

K-5Ⅱs/ DA★300㎜f4ED [F5.6 1/750 ISO2200 ±0EV]

一心不乱に松ぼっくりを噛じるリス。

硬い松かさを食べているのではなくて、食べるのは芯の所にある松の実。齧っているのは松かさを剥いているのですが、これがカリカリカリカリと丁寧に全部の松かさを落とすんです。

実に丁寧な仕事であります(笑)

 

(続きをどうぞ)

水飲み

『ヒドリガモ』

K-5Ⅱs/ SP500mmF8 55BB [F8 1/500 ISO400 +0.5EV]

砂浜の水が滲み出ている一角。

ここは鳥の水飲み場になっていまして、こうして喉を潤す鳥達の姿を見る事ができます。

写真は3羽ですが、15羽ほどのカモで水飲み場が賑わっていました。

 

(続きをどうぞ)

散策の朝

『rising sun』

K-5Ⅱs/ DA21mmF3.2AL Limited [F11 1/1000 ISO800 +0.5EV]

朝の散策、松の木の向こうに太陽が昇ってきました。

日影に居るのと日当たりに居るのとでは体感温度が全然違いまして、そんなところでも太陽の偉大さを思い知ります。

ちなみに右端の木の上部にリスが居ますが、そんなの分かりませんね(笑)

 

(続きをどうぞ)

飛び鳶

『トビ』

K-5Ⅱs/ SP500mmF8 55BB [F8 1/500 ISO400 +1.0EV]

換羽も終わりトビも羽が綺麗になっていました。

換羽時期は羽も抜けて可哀想な感じもするのですが、きちんと生え揃った姿は威風堂々といった趣です。

 

(続きをどうぞ)

正太郎君

『drone』

K-5Ⅱs/ SP500mmF8 55BB [F8 1/2000 ISO400 +0.5EV]

海辺に直立不動で立っている人がいました。

背中方向から見ていて海でも眺めているんだと思って通り過ぎ、ぐるっと回って正面から見える位置にくるとタブレットの大きい版みたいなのを持っているのが見えて、相変わらず直立不動。

護岸工事などの測量仕事か?と思いそこを離れたのですが、30mほど進んで振り返ると視界の隅にこれが入ってきました。

 

(続きをどうぞ)

望遠で遠望

『工場地帯』

K-5Ⅱs/ SP500mmF8 55BB [F8 1/1000 ISO400 +0.5EV]

DA★300と共に望遠域のダブルエースであるSP500。このブログでも何度も書いていますが、本当に楽しくて良いレンズです。

ピント範囲が狭いのとMFという所がポイントですが、使う内に慣れてきてファインダー像よりも勘でピントを感じれるようになると完璧です(笑)

MAP計測で2684m先の工場地帯。SSも1/1000で切れていたし手ブレもないしで、中々のキレを見せてくれたと感激していました。

AFレンズだと普通に撮れる写真ですが、こういうので感動できるのもSP500なのです(笑)

 

(続きをどうぞ)

休憩

『ベンチと散策機材』

K-5Ⅱs/ DA21mmF3.2AL Limited [F5.6 1/750 ISO800 ±0EV]

近所の林散策の途中、林から海へ移動する途中でいつも小休止するベンチ。

自分専用かと思うほど、ここに座っている人を見たことがありません(笑)

寒い時期はポットにお湯を入れていきますが(以前はコーヒーでしたが、今は白湯)寒い中飲む熱いお湯は五臓六腑に染み渡ります。

 

(続きをどうぞ)