ホソミオツネントンボ

『ホソミオツネントンボ』K-5Ⅱs/ SPAF90mmF2.8DiMACRO 272E [F5.6 1/750 ISO200 -0.5EV]

クロイトトンボが棲息する近所の人工池に寄ってみたらば、クロイトトンボより少し大きいイトトンボが来ている事に気付きました。

その時点でちょっとドキドキ。

大好きな、越冬してコバルトブルーとなったホソミオツネントンボだからです。

(続きをどうぞ)

アジサイ

『Front』K-5Ⅱs/ SPAF90mmF2.8DiMACRO 272E [F2.8 1/1000 ISO160 +0.5EV]

あちこちでアジサイが咲いてきました。

日当たりの良い所は色付いて、日陰になるにつれ今から咲いてくるような感じです。

雨だったり気温の低い日が続いていたので、今年のアジサイ第一号写真は爽やかなイメージで撮ってみました。

(続きをどうぞ)

座するコチドリ

『コチドリ』K-5Ⅱs/ SP500mmF8 55BB [F8 1/3000 ISO800 +0.5EV]

コチドリは立って波打ち際で採餌していたり、テケテケテケテケと走っていれば直ぐに分かるのですが、こうしてじっとしていると、保護色でもあるので気付かない事もあります。

あるいは目の黄色いリングが見えない時は漂着物か何かと思ってしまったり。

(続きをどうぞ)

青と緑

『クロイトトンボ』K-5Ⅱs/ SPAF90mmF2.8DiMACRO 272E [F25.6 1/350 ISO200 ±0EV]

近所にある人工池の住人「クロイトトンボ」

イトトンボの中でも普通に見られる種ではありますが、今時期の植物の緑色とイトトンボの青色の組み合わせがとにかく美しくて、ついつい写真に撮ってしまうのでした。

(続きをどうぞ)

ともしび

『逆光にて』K-5Ⅱs/ DA★300㎜f4ED [F5.6 1/750 ISO200 -0.5EV]

「美は逆光にあり」とは尊敬する友人のフォトグラファーの言葉なのですが、花や蝶の翅などを逆光で見るのが好きです。

そして肉眼ではこのように見えていますが、カメラならではのスポット測光で背景を落としてみるとこうなります。

(続きをどうぞ)

アオジも子育て中

『ご飯運搬中』K-5Ⅱs/ DA★300㎜f4ED [F5.6 1/750 ISO1600 +0.5EV]

自宅近所のいつもの林では、アオジも子育て中でした。

冬鳥で秋になると越冬にやって来るのですが、一部が居残って子育てをしています。

つまりはアオジもここでは一年中会える鳥なのでした。

(続きをどうぞ)

高架交通網

『巣材運搬中』K-5Ⅱs/ DA★300㎜f4ED [F5.6 1/750 ISO400 +0.5EV]

林脇の道には電線が通っているのですが、リスはその電線を上手く利用して生活しています。

タタタタタッと電線を伝ってくる音が聞こえたので待っていたのですが、巣の内装材となる木の皮を運んでいました。

(続きをどうぞ)