音符

小さな人工池にうじゃうじゃ居ました。 1000匹は軽く超えている感じですが、この中で成体まで生きれるのはほんの数匹なんですよね。  

夕方の斜光

夕方散歩の帰り道、林から出る道路に夕陽の斜光が差していました。 いつも歩いている道路が、こんなにもドラマチックになるなんてと感動しながらシャッターを切りました。  

旅立ちの時

一個だけ飛び出ていました。 今まさに飛び立とうとしているのか、飛んで行こうと思ったけど躊躇しているのか分かりませんが、迷わずマクロレンズで寄ってみました。