♯1『通称トマホーク』

20141217-114730-1966

WPに引っ越してから機材記事が無かったので、改めて記事にしようと思います。

先ずは「DA★300㎜F4ED IF SDM」通称トマホーク。

フィールド撮影ではメインのレンズで、私の撮影写真の6割ほどがこのレンズで御座います(^^

以前使っていたCanon EF300F4Lとの比較になりますが、先ずは巷で言われるAF速度。

単にスピードだけなら、やはりUSMのEF300F4Lが速いです。

がっしかし、私がいつも撮ってる林の中での木と同色の冬毛のリスとか、明暗差の激しい状況などでは、流石のC機のUSMでもスゥゥゥ~とスローモーな動きで、行ったり来たり。

んで二往復目で止まります(笑)

 

それに対してDA★300は、ゆっくりではありますがかなりの確率でピントは合います。

光量のある場面では若干EF300F4Lが速いですが、それは速度だけの話。

AFは自動でピントを合わせる機能ですが、問題はその精度。

これはボディに依る部分が大ではありますが、K-5Ⅱs+DA★300は、かなり精度が高い。

トマホークと呼ばれる由縁はここにあります。

ちなみにトマホークは、尊敬する沖縄在住のフォトグラファーが名付け親です。

ウエポン化もですが(^^

♯2『誇らしげな金色のプレート』
20141217-115036-1971

PENTAX DA★の証である金色のプレート。

さりげなくて、これは良いと思いますが、Canonはステンレスのプレートで、白色の鏡筒にステンレスヘアラインのプレートが実に格好良かったりします。

黒色にそんなシルバーのそれは合わないので、この小さい金色に★の赤いワンポイントも好きで御座いますが(^^

 

♯3『全景』
20141217-134716-1979

フードが長めですがレンズ本体は短く、184㎜しかありません。

ちなみに重量も1070g、短く軽い300㎜レンズで御座います。

レンズ構成は6群8枚、前玉や後玉から覗くと、鏡筒いっぱいにガラスが詰まった、余計なものが無い、まさに写すための道具という感じ♪

EF300F4Lのレンズ構成は11群15枚。

内部に手振れ補正ユニットを入れてるので、構成枚数は多くなるのですが、高速で手振れ補正ユニットを動かすために、その部分のガラスは小さく軽くしなければならず、まして光軸をずらすのって描写に影響は無いのかとか、PENTAXレンズを使うようになってから感じているのですが、実際どうなんでしょうね。

 
♯4『防塵防滴』
20130213-095924-8014

フィールドで安心の、防塵防滴で御座います。

EF300F4Lは古い設計のレンズという事もあり、逆光には弱かったのですが、DA★300はレンズコーティングに定評のあるPENTAX製だけあって信頼度MAX。

逆光バリバリOKっす♪

AF速度、サイズなどに触れましたが、心酔してるのはやはりその描写性能。

野鳥撮影がメインになっておりますが、その羽毛の解像感とか鳥を撮ってるだけに、鳥肌もんでございます(^^

PENTAX機材に心酔した者が書いてるので、べた褒め状態ですが、だって、マヂでその描写は凄いんだもん(笑)

撮り比べ写真とか載せれば良いのでしょうが、機材の好みは人それぞれ。

好みのレンズやメーカーを使えば良いと思いますが、CanonからPENTAXへマウント変更した私としては「この二本のレンズ、どちらが良い?」と問われれば、DA★300と答えます。

冒頭、AF速度に触れましたが、ちょこまか動いてる野鳥やリス相手では、流石のCanonUSMの持つAF速度でも全く間に合いません。

そんな理由でMFで合わせながら撮ってる事が多いので、正直AF速度ってあまり気にしてなかったりします。

それに機材の持つ性能を、撮り手が補って撮る事にも醍醐味を感じてるので、求めるのは「写りそのもの」あとは携帯性とか堅牢性ですが、これはもう合格点で御座います(^^

DA★300㎜F4ED IF SDM

12 thoughts on “DA★300㎜F4ED IF SDM

  • トマホークと名付けた時のボディーは K20Dでした。
    そのボディーですらDA★300の精度と描写には驚いたものです。
    DA★300はスターレンズの中のスターレンズ。
    ペンタのエースレンズと言っても過言ではありませんね。
    DA★300に足り無いのはリミットスイッチぐらいかな~
    親指AF使いとしては AF/MF スイッチなんぞ要らないので、
    それをリミットスイッチにして欲しいっす。

    1. ■ナイス兄貴さん、おはようございます(^^

      まだPENTAXのレンズは5本しか所有した事がないですが
      それぞれに味があって、今日は何を持って行こうかと
      選ぶのが楽しいです♪
      その中でもこのDA★300とFA31の写りは素晴らしい。
      レンズでここまで違うのかと改めさせらた二本で御座います(^^

      EF300F4Lにはリミットスイッチがありましたが、結局
      使わなかったですね。
      フィールド散策では不意の遠近での出会いに対応するためですが
      車窓撮影などでは、確かに欲しいですよね(^^

  • お、機材紹介ですね。
    早くDA300を手にしたいです。

    うちも記事ネタ切れに備えてレンズネタを温めておりますが、
    そういやレンズそのものの写真って撮ってないな…

    で、いろんなところでAF速度の話題になりますが、
    AF速度は、駆動速度よりもAF精度に支配されると思っております。
    272E使うようになってから強く実感しております。

    さらにK-5Ⅱsになって、-3EV対応+F2.8対応センサーのおかげで、さらにストレスフリーとなりました。

    まぁ、駆動が早い方が、自己満足度は高くなると思いますがw

    1. ■ask-evoさん、おはようございます(^^

      DA★300は、最短撮影距離と最大撮影倍率も良いので
      望遠マクロにもなって、汎用性がすこぶる高いです♪
      是非、工場出来たてほやほやの熱々をゲットして下さいませw

      レンズのAFモーターって、モーター以外もですが、特許権の塊で
      特にC機のUSMは速度も速く正確な動きが出来ますが、特許がある
      ために他社は同じに作れないのを、特許紹介サイトで読みました。
      んで、速くてもしっかり合ってないと意味ないんですよねw
      DA★300に換えて、より精細な野鳥写真、良いタイミングの写真が
      撮れてるので、AF速度の撮影に与える影響って、そんなものだと
      思ってます。
      AF速度よりも、ヘリコイドの操作性なんかの方が重要ですよね(^^

  • 機材ネタですね!
    WP開始当初ネタに困って早々に使い果たしてしまいました(笑)
    バックが黒系?紺だと画が締まりますね。
    かっこよく写ってます。
    年が変わったら機材ネタを再びやってもいいことにしよう^^;

    1. ■reotaさん、おはようございます(^^

      ネタに困って。。。まさにそうなんですがw
      私のブログでアクセスが一番多いのは、こういう機材ネタで
      それだけ機材を導入するにあたり、色んな情報を検索するんだと
      (まさに自分もそうでしたがw)、アクセスUPのためにも
      時折書いていこうと思ってました(^^

      ホントは外のいつも撮ってるフィールドで撮りたかったですが
      気付いたらネタがない状態で、室内で慌てて撮った写真ですw
      機材ネタはインプレや、性能比較など掘り下げると結構書けますが
      比較写真など準備するのに、時間が要るんですよね(^^

  • 機材の写真ってホコリが付いたりするし、カッコよく撮るの難しいと思うんですが
    黒バックでカッコよく撮れてますね。
    黒バックの背景はどうされたんですか?
    水滴まで付けちゃって(笑)
    もっとビシャっとかけて欲しかったw

    1. ■Jerryさん、おはようございます(^^

      黒バックの正体は、紺色のコートですwww
      暗いバックにするか、真っ白背景にするか、はたまた
      自然の中で撮るかの三者択一のつもりだったのですが
      記事写真が無くて、急きょ室内で撮ったのでした(^^

      んで水滴は、マジで外の降雪の中で写真を撮ったので
      それでビショビショだったのですが、準備してる内に
      乾いてきたトコでしたw
      ちなみにこの写真だけ、昨年のものですww

  • おはようございます。
    普通、黒い被写体なら背景は白・・・ですが
    敢えて黒バック(正式には紺ですね)これはカッコいいですね。
    ペンタックスを愛しているbさんの気持ちがビシビシ伝わってくる記事ですね。
    「ポチ!」

    1. ■teltelさん、おはようございます(^^

      渋いトーンも大好きで御座います♪
      レンズの写真で思い出しましたが、CanonのLレンズだけの
      カタログというのを2007年に出したのですが、そこにある
      アンダー目の望遠レンズの、寄りの写真が格好良いんですよ!
      検索しても出て来なかったのでお示し出来ませんが
      レンズ紹介写真もそんなふうに撮りたいと、いつも思ってますが
      中々上手くいきませんw

  • bluemさん、こんにちは
    入魂のレンズレポートですね。
    素晴らしい・・・
    ペンタックスのレンズは、質実剛健というイメージがあって良いですね。
    関心するのが、ゴムラバーなんです。白く変質しないんですよ。
    ニコンだとゴムラバーの変質が早いので、ゴムの成分が違うんでしょうね。
    ちょっとした事に違いを感じています。

    1. ■iMovieさん、こんにちは(^^

      本当なら描写比較を載せるべきでしょうが、その写真を準備
      してる時間がなくて、自分インプレに終始しましたw
      経験としてCanonサンヨンを使ってたので、その比較は
      ネタになるなと書いた記事です(^^
      追々、記事ネタで描写比較も載せようと思っておりました♪

      ゴムの成分が違うのはタムロンを併用してて、それとも違うのを
      感じておりました。
      んでレンズ筐体の作りは、これはCanonのLレンズもかなり良くて
      感心する処です。
      でも、DALimiとFALimiのようなレンズは、これはもうPENTAXにしか
      無いし写りもそうだし、心酔してる一端ですね♪
      FA31の記事も直ぐに書こうと思ってるので、そこらの感じているトコを
      追々UPいたします(^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です