子育て中か

『イソヒヨドリ女子』

K-5Ⅱs/ DA★300㎜f4ED [F5.6 1/750 ISO2200 +0.5EV]

海辺に行けば一羽か二羽、結構な頻度で会えるイソヒヨドリの姿が見えません。

抱卵か子育てに入っている時期だからでしょうね。

ちなみに自宅近所で何箇所かスズメの巣を見付けていましたし、近所の林では何の鳥かは分かりませんが雛鳥がご飯をねだる声も聞こえていました。

 

(続きをどうぞ)

緑濃く

『緑が濃くなってきました』

K-5Ⅱs/ DA★300㎜f4ED [F5.6 1/750 ISO1100 +0.5EV]

近所の林の緑も濃くなってきました。

葉が茂ってくるとリスを見付けづらくなるのと、毛虫やヤブ蚊やヘビも活発になり、やはり林散策は冬が一番撮影しやすいなと思うのです。

でもこうして四季を感じれる自然の中に居れる事が、何よりも心地良いんですよね。

 

(続きをどうぞ)

京女鷸

『まだ数羽居残り』

K-5Ⅱs/ SP500mmF8 55BB [F8 1/500 ISO400 +0.5EV]

5月も下旬ですが、まだ数羽のキョウジョシギが居残っていました。

もしかすると大きな群よりも遅く来た子なのかもしれませんが、何れにしてもシギチを見れるのは嬉しいのです。

キビタキも去って行きましたし。

 

(続きをどうぞ)

季節の鳥

『センダイムシクイ』

K-5Ⅱs/ DA★300㎜f4ED [F5.6 1/750 ISO1100 ±0EV]

渡りのシギチやキビタキも季節の鳥ですが、夏場をここで過ごすこの鳥達も季節の鳥。

「焼酎一杯ぐい~」と鳴くセンダイムシクイは毎年必ず来てくれる安定感抜群の鳥です。

 

(続きをどうぞ)

喉自慢

『喉の所の色が綺麗なんです』

K-5Ⅱs/ DA★300㎜f4ED [F5.6 1/750 ISO1100 +1.0EV]

今年は曇りや雨という条件ではありましたが、数年振りに大量のキビタキ写真を撮影する事が出来ました。

仕事に時間を割いているのであまり撮影時間が確保出来ていない中で、これだけ撮れたのは本当にラッキーだったと思っています。

 

(続きをどうぞ)

噛じ噛じ

『若葉を噛じ噛じ』

K-5Ⅱs/ DA★300㎜f4ED [F5.6 1/750 ISO3200 ±0EV]

混み合った枝の隙間からようやく撮影できた、若葉を食べるリスの姿。

写真としては今ひとつですが、こうして若葉を食べているシーンを記録に残しておきたいので写真に撮っていました。

柔らかそうで実に美味そうです(笑)

 

(続きをどうぞ)

モズ

『モズ男子』

K-5Ⅱs/ DA★300㎜f4ED [F5.6 1/750 ISO1100 ±0EV]

モズを良い距離で撮影する事が出来ました。

実は、モズは野鳥撮影を始めるきっかけになった鳥です。

子供の頃から鳥や昆虫や動物は好きでしたが、社会人になって先ずは仕事が優先になり、そういった自然に向かう気持ちも少なくなっていました。

 

(続きをどうぞ)