冬への備えか

『何か発見!的な』

K-5Ⅱs/ DA★300㎜f4ED [F5.6 1/750 ISO4500 +0.5EV]

遠くから見ていて、木の上から降りてきてはまた同じ木の上に戻って行くのを繰り返していたリスがいました。

同じ木に行ったり来たりは、大抵の場合そこに巣があるから。

巣に運ぶのは巣材なので、リスが向かう先で待ってみると。。。

 

(続きをどうぞ)

半分青空

『半分青空』

K-5Ⅱs/ DA21mmF3.2AL Limited [F11 1/350 ISO160 +1.0EV]

気持ちの良い秋晴れの下を散策していたのですが、林から出て海が見える開けた場所で見た光景。

空真っ二つに雲と青空になっていました。

でも、こんな時に限ってDA15じゃなくて、持って来ていたのはDA21だったのでした(泣)

あっ!スマホだともっと広く撮れたなと今更ながら。。。

 

(続きをどうぞ)

これが今季ラストかな

『船着場のキアシシギ』

K-5Ⅱs/ SP500mmF8 55BB [F8 1/350 ISO400 +0.5EV]

キアシシギもこの写真を撮った以降、姿を見ていません。

南に渡っていったようです。

チュウシャクシギが遅れ気味に来るのが常なのですが、今年は見ることができなくて、個人的に寂しい秋の渡りとなっていました。

 

(続きをどうぞ)

トンボ翔進

『ウスバキトンボ』

K-5Ⅱs/ DA★300㎜f4ED [F5.6 1/750 ISO1100 +0.5EV]

道端にコスモスなど秋の花が咲いていたのですが、そこに集まる小さい虫を狙ってウスバキトンボが飛び交っていました。

手にはDA★300で背景キラキラ。

ウスバキトンボは気温があると基本的に飛びっぱなので、これはもう飛翔を狙えと言っているようなものです。

 

(続きをどうぞ)

車載工具

『純正車載工具はこれだけ』

K-5Ⅱs/ DA21mmF3.2AL Limited [F8 1/90 ISO400 +1.0EV]

中古で購入したカローラアクシオの車載工具です。

ジャッキとレンチにパンク修理剤、牽引フックがあるだけ。検索してみれば今どきは装備していても工具を使った事がない人も多く、ロードサービスを利用するので搭載するのもこの程度なんだそうですね。

16年前購入のレガシィツーリングワゴン、それ以前の車にも+-のドライバーにプラグレンチとプライヤーも標準で付いていましたが、それに何種か自分でアイテムをプラスして車載工具としていました。

 

(続きをどうぞ)

『林床にて』

K-5Ⅱs/ DA★300㎜f4ED [F5.6 1/750 ISO200 -0.5EV]

林の中、陽光も差し込まない林床でじっとしていました。

体温が上がらないと活発な活動も出来ないだろうに「何でこんな日陰で」と思っていたのですが、寝ていたんですかね。

早朝散策では葉の裏側に逆さに留まって寝ているチョウを見ますが、瞼を閉じる事もないので真意は分かりません。

 

(続きをどうぞ)

秋のセンダイムシクイ

『森林浴』

K-5Ⅱs/ DA★300㎜f4ED [F5.6 1/750 ISO1600 +1.5EV]

今時期になるとセンダイムシクイはほとんど鳴かないので、羽ばたきの音や葉音で鳥が居るのを知って、その姿を見てセンダイムシクイと分かる感じです。

シジュウカラやモズなんかは鳴き声だけで分かりますが、こういう静かな鳥を探すのも林散策の楽しみの一つであります。

 

(続きをどうぞ)