狩場

近所の林、リスを撮影している林は猛禽類の狩場でもあります。 ノスリが狩りをして食べている姿を年に1~2度見るのですが、林の中で食べている姿は、何か神聖なものを見ているように感じます。  

SP500礼讃

礼讃シリーズもFALimitedだけで終わろうと思っていたのですが、やはりこのレンズも紹介しておこうと記事にしました。 「TAMRON SP500mmF8 55BB」 レフレックスのMFレンズになります。  

透かし羽

エナガですが、羽根がまるでオオスカシバの翅のような雰囲気で写っていました。 何か、妖精みたいな雰囲気にも見えます。  

ヒガラ

木漏れ日が当たる場所にヒガラが止まってくれました。 忙しなく飛び回って種子などを食べる鳥ですが「そこに止まってくれ」と願って待っていたら来てくれて、こういうのは本当に嬉しいものなんです。  

紅葉エナガ

紅葉とエナガを絡めた写真が撮れました。 エナガがもっとセンターに入ればベストでしたが、頭上真上にカメラを向けての撮影だったので、思うようなアングルは撮れませんでしたが、背景の紅葉が本当に綺麗でラッキーな一枚となりました。…

もはや

アオジです。 林脇の道の上で採餌していて、私に気付いて脇の藪に入って行ったのですが、しばし待っていたら出てきてくれました。 この林では繁殖もしていて一年中会えるので、もはやお馴染みさんとなっています。