K-5Ⅱs/ FA31㎜F1.8Limited [F4 1/45 ISO800 -0.5EV]

注文していた腕時計が届きました。

「KARL-LEIMON Classic Pioneer」のblue色です。

 

K-5Ⅱs/ FA31㎜F1.8Limited [F5.6 1/45 ISO800 ±5EV]

濃い青色ですが、光の反射具合で深い碧色に見えたり鮮やか青色に見えたり、そのグラデーションが綺麗です。

トリプルカレンダーと言いますが、左が曜日、上が日付、右が月になります。そしてなんと言っても月の満ち欠けを示すムーンフェイズ。

ムーンフェイズ腕時計を欲しいと願っていましたが、ようやく手に入れた喜びに浸っております(笑)

 

K-5Ⅱs/ FA31㎜F1.8Limited [F5.6 1/180 ISO800 -0.5EV]

重厚な化粧箱で、箱の中にまた箱があってその内部は白い合皮、保証書もおしゃれなデザインです。

このように重厚な化粧箱なのですが、箱は開封するとあとは売却する時にしか使わないので、箱のコストを下げて本体にもう少し予算を回しても良いのかなと感じました。

 

 

K-5Ⅱs/ SPAF90mmF2.8DiMACRO 272E [F4 1/60 ISO1600 -0.5EV]

革は牛革にクロコダイル柄の型押しで質感はかなり良いと思います。そしてバックルはDバックルなのですが、ステンレスの精緻な作りで、写真を撮り忘れましたが「KARL-LEIMON」のマークとロゴが彫り込まれ、かなり高級感があります。

 

 

K-5Ⅱs/ SPAF90mmF2.8DiMACRO 272E [F5.6 1/45 ISO1600 -1.5EV]

径38㍉で厚さは10㍉、クオーツ式(電池式)で重量は量っていませんが軽いです。これで31,000円+税。楽天のお買い物マラソンで購入しましたので、ポイント還元を合わせれば実質3万円以下で購入できました。

腕に付けての第一印象は針が見えづらい。二枚目の写真がそうなのですが「やはり価格相応かな」と思いつつ、革ベルトとDバックルの質感は良いし、全体のフォルムや重量バランスはかなり良くて、付けていても邪魔に感じない自然な装着感で実に良いです。

そして見えづらいと感じたものの、ほんの少し腕の角度を変えて光の加減を変えれば針がキラリと見えたり、文字が濃いブルーの背景に浮かんで見えたり、つまりは光の加減で見え方が変わる美しさを持っていて「そういう意図のデザインなのか」と眺めていました。

「BACK TO CLASSIC」本格的なクラシック時計、その中でもムーンフェイズ時計を手頃な価格帯で具現しようというブランドの信念にも惹かれるものがあり、そのクラシカルなフォルムを楽しもうと思います。

KARL-LEIMON Classic Pioneer

2 thoughts on “KARL-LEIMON Classic Pioneer

  • こんにちは。
    素敵な時計購入、おめでとうございます。
    月の満ち欠け表示付きの時計なんて初めて見ました。
    青森に行って、この腕時計をしている人を見かけたらbさん!
    ですね。

    1. ■teltelさん、こんにちは。

      ありがとうございます。
      「ムーンフェイズ」で検索すると出てきますが、クラシカルなデザインのカレンダー機能付きだと30万とか当たり前コースなんですよね。
      今日も仕事に付けてきていますが、シックなデザインと色でお気にいりです。
      毎月の日付の調整とか面倒なので、どこかのメーカーでこのデザインでソーラー電波時計を出してくれないかなと思うこの頃でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です