『オオカマキリ』

K-5Ⅱs/ SP500mmF8 55BB [F8 1/1000 ISO400 +0.5EV]

8月23日にオオカマキリ幼体の記事を書いたのですが、毎週その場所でカマキリの成長を観察していました。幼体もこの子以外は見ていないので、同じ個体の子がここまで成長したのだと思っています。

高低差15mほどの崖の上の草地で、公共施設用の段差解消のスロープの脇なのですが、5mほどの範囲を探すと直ぐに見付かります。

この日は落下防止柵の上で日向ぼっこしていました。

 

『ファイティングポーズ』

K-5Ⅱs/ SP500mmF8 55BB [F8 1/750 ISO400 +0.5EV]

自宅では秋になると、窓の網戸にカマキリが飛んで来て留まっている事があるのですが、この子はそうして移動していくのか、はたまたここを安住の地とするのかは分かりませんが、成長を見守ってきたのでいなくなると寂しいなぁと思ったり。

こんな所にも秋を感じております。

 

オオカマキリ成虫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です