K-5Ⅱs/ SPAF90mmF2.8DiMACRO 272E [F2.8 1/60 ISO1600 ±0EV]

シルクスクリーンによる絵が好きで、自宅に何枚か飾ってあります。

これはリビングに飾ってあるもので、確かホームセンターに買い物に行ったら売っていて、気に入って購入したものでした。

 

K-5Ⅱs/ SPAF90mmF2.8DiMACRO 272E [F2.8 1/60 ISO1600 ±0EV]

これは玄関に飾ってあって、シンプルな構図と色合いが気に入ったものでした。家を建てた時に購入したので、もう21年この場所に鎮座しています。

他にも何枚かあって、でもここ15年ほどは新しいのは買っていないのですが、こういうものをゆっくりと眺めて気に入ったものを購入するという機会も無くなっていたなと、ステイホームの間に思い返していました。

シルクスクリーン

4 thoughts on “シルクスクリーン

  • こんにちは。
    シンプルでいいですね。

    >ゆっくりと眺めて気に入ったものを購入する
    そういえば、以前は我が家もそんな事していたなぁ・・・
    とこの記事読んで思い出しました。
    今は捨てることばかり考えているような???

    1. ■teltelさん、こんばんは。

      見た時に「ん!?」と感じるものを見て、何度か見返して心のトキメキが同じならば「買い」というふうに選んでいるのですが、気に入ったものは何年経っても飽きないので、そういうものを選ぶ時間を取っていなかったのを思い出したりです。
      家を建てた当初は玄関マット一つも、何箇所も回って気に入ったものを買っていましたからね。
      忙しいのは良いのですが、心にゆとりが無くなっているのも実感しています。

  • お久しぶりです。
    そういえば、
    {自分の気に入ったものを購入する}
    ということを、私の人生でほとんどやっていないことに気付かされました。
    ( ̄▽ ̄;)
    若い時はお金が無くて
    ”安物でもいい。間に合えばいい。”
    感覚でしたし、
    ミドルエイジ辺りでは人様が不要になったものをもらい受けて直しながら
    長年使用(特に家具など)。
    生活に余裕が出て来たころに
    ”さあ、これからは気に入ったものだけに囲まれた生活をしよう”
    となったにもかかわらず、今度は今まで使っていたものに愛着も付き、
    まだ十分使えてることを考えた時処分することに罪悪感を覚え
    さらにこれからあと何年生きられるのかもわからない今、後に残された者が
    家の中の物を処分しなければならないわけで、すでに断捨離開始。(-_-;)
    気に入ったアートを購入し毎日眺められる憧れの暮らし。
    とうとう縁がないまま幕を閉じそうです。。。

    1. ■カナダの豚さん、おはようございます。

      お久しぶりです!
      カナダ国内の様子は日本では殆ど情報が報道されていないのですが、如何お過ごしでしょうか。
      そして、今からでも遅くないですよ!(笑)
      まぁ別にアートじゃなくても以前お聞きした記憶でしたが、ご自宅と自然の連なりで、家の中から自然が見えるとか、そういったところでも日々の時間を楽しめていられると想像しています。
      日本だとたいがいは窓を開けると隣の家ですからね(笑)
      我家も2階の北側窓から海が見えて冬の漁火や夜空を楽しんでいたのに、電柱に外灯を設置されて、明るいので夜空が見えなくなり、3年前から北側の空き地が宅地分譲されて海が全く見えなくなり、この場所に家を建てた意味がなくなったので引っ越したいなと思うけど、資金がまったくないのでそれも叶わずで、このまま幕を閉じるかもしれません(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です