近所のリス考察

夏場は草木の葉が茂っているのと林の中も鬱蒼として暗いので、リス撮影が難しい季節なんです。 なのでこのブログも夏場にはリス写真が減るのですが、こうして林縁の針葉樹に居る時が撮影のチャンスになります。  

久々の至近距離

このところ仕事休みの日は、家の用事などで散策に行けずにいたのですが、一昨日は午前中が空いたので、久し振りに林散策に行ってきました。 会えたリスは3匹。そしてこんな至近距離でも会う事ができました。  

高架交通網

林脇の道には電線が通っているのですが、リスはその電線を上手く利用して生活しています。 タタタタタッと電線を伝ってくる音が聞こえたので待っていたのですが、巣の内装材となる木の皮を運んでいました。

June

もう6月が来てしまいました。 年々、時の流れが加速していると感じています。 そんな時間感覚の中、リスがぴょ~んとしていました。

徐々に夏毛に

リスも徐々に夏毛に替わっている時期ですが、この子は夏毛になると個体識別が出来るリスです。左耳の上部が欠けているんですよね。 冬毛の間は耳毛に覆われているので分からないのですが、こうして個体識別が出来ると、何か嬉しく感じる…

芳しきかな

20度を超えて暖かい日もあれば、15度以下で肌寒い日もあったり。 でも本当に過ごしやすい気温で、五月晴れを楽しんでいました。 リスも春を香っています。